​睡眠障害

睡眠障害(不眠症)とは?

 

毎日ぐっすり眠れているのが当たり前・・・そのような方は意外と少ないです。

厚労省の睡眠に関する調査では、5人に1人が自分は不眠がちだと感じ、10人に1人は、長期間にわたって不眠に悩まされていると報告されています。そして3人に1人くらいは、過去に不眠で悩んだ時期があると報告されています。

統計上の数字なのでこれはあくまでも目安ですが、眠れないことで悩んでいる人は多く、「不眠症」はけしてめずらしくないことがわかります。

不眠症は、「十分な睡眠が取れず、生活や心身に何らかの支障を及ぼしている状態」です。

具体的に「何時間以上眠れなければ不眠症」「特定の症状がおこらなければ不眠症とは言えない」というわけではなく、本人が「十分に眠れていないと感じて困っている」なら不眠症と判断されます。

ただ、睡眠が十分にとれていない原因が多忙など「寝る暇がない」ことによるなら不眠症とは言えず、それは「睡眠不足」ということになります。

不眠症は、「眠ろうとしているのに、上手く眠れなくなった」「寝る時間はあるのに、自分で望むような睡眠が取れなくなった」「特別な要因が見当たらないのに、最近眠れなくなった」などと感じて困っている状態を指しています。

 

不眠症の4つの症状

不眠症の状態は人によって様々ですが、よく見られる症状を大きく分けると4つに区別できます。

・入眠障害(なかなか寝付けない)寝つくまでの時間が普段より2時間以上多くかかる状態(日本睡眠学会規定)

・中途覚醒(途中で何度も目が覚める)

・早朝覚醒(異常に早く目が覚める)

・熟眠障害(眠りが浅い)

これらの症状は1つに限られるわけではなく、合わさっていることも少なくありません。

 

睡眠障害(不眠症)の基準

普通の睡眠環境で日中に何らかの影響があって、睡眠のことで困っていること
 

〉お薬の副作用

 

睡眠障害の治療方法

不眠症の治療は、そのタイプによって対応が異なります。多くの場合は一時的に睡眠薬を使うことが多いですが、症状によっては他の薬の使用が向いていたり、薬を使わない治療もあわせて行っていくこともあります。

睡眠薬(リンク)については昔の悪いイメージが残っている方も多いようですが、現在病院で取り扱っている睡眠薬は非常に進化しており、安全性の高い色々なタイプの睡眠薬が発売されています。専門の医師の指導の下で適正に使用する限り、むやみに依存してやめれなくなったり、体に大きな害を及ぼしたりする類のものではありません。

 

不眠症の心理療法

不眠症の治療には何らかの薬を使っていくことが多いですが、薬以外の心理療法やリラクゼーション法などを併用していくこともあります。

心理療法を行うことで薬の必要性が無くなったり、薬の量が減らせたり、不眠症の再発を予防したりする効果が期待されます。

睡眠の心理療法を行うにあたっては、睡眠日誌をつけていくことが多いです。

 

認知行動療法

漸進的筋弛緩法

自律訓練法

©2020 MagiappLtd